地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年05月05日

議決は管理組合

地上波デジタル放送への対応として、前述のどの方法を選択すべきかは、現在お住まいのマンションのテレビ共同設備がどのような環境であるかを確認する必要があります。

まず共同アンテナなどの設備状況の調査を行い、地上波デジタル放送に対応するための工事内容、工事費用を確認し、管理組合内で検討するのがよいでしょう。

共同アンテナなどは「共用部分」であるため変更するには管理組合の総会の決議が必要となることも考慮しておくべきでしょう。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| マンションで地上波デジタル放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

視聴機器(テレビ、チューナーなど)の準備

@地上波デジタル放送対応テレビ(チューナー内蔵)

テレビの種類によっては、地上波デジタル放送の特徴であるハイビジョン画面や、データ放送といった機能が使えない場合があります。

A地上波デジタル放送対応チューナー

地上波デジタル放送に対応していないテレビで視聴するには、地上波デジタル放送対応チューナーの接続が必要です。

Bケーブルテレビ経由での視聴

地上デジタル放送に対応していないテレビで視聴する場合、「セットトップボックス(STB)」という機器の接続が必要となることがあり、またケーブルテレビ会社によっては、周波数の変換に対応した地上波デジタル放送対応テレビが必要となる場合があります。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| マンションで地上波デジタル放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

マンション受信設備の整備

@共同アンテナで受信する場合

地上波デジタル放送は、UHFの電波を使って放送されています。共同アンテナを利用して受信するためには、地上波デジタル放送用の共同アンテナ(UHF)の設備やブースターの調整または交換などが必要とまります。

Aケーブルテレビ経由で受信する場合

ケーブルテレビを導入しているマンションでは、ケーブルテレビ経由で地上波デジタル放送受信が可能です。その際、導入しているケーブルテレビの受信方法によって、ブースターの調整または交換などが必要となる場合があります。

B各住戸が個別で対応する場合

各住戸のバルコニーに個別でアンテナとブースターを設置することで受信可能です。ただし、マンションの外観上の問題、工事費用が個人負担ということにより推奨できる方法とはいえません。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| マンションで地上波デジタル放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

マンションで地上波デジタル放送を見るためには

2003年12月、関東・中京・近畿の三大広域圏から、地上波デジタル放送が始まり、その後全国の主要都市でも視聴できるよう順次エリアが拡大され、2011年までには完全に地上波デジタル放送化され、現在の地上アナログ放送は終了する予定です。

そこで、マンションにおける地上デジタル放送についてまとめてみました。

マンション地上波デジタル放送を見るためには、マンション受信設備と視聴機器(テレビ、チューナーなど)の準備が必要です。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| マンションで地上波デジタル放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。