地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年07月11日

アナログ放送打ち切り後もアナログテレビを使えるように

10日付日本経済新聞で「総務省は地上デジタル放送受信用の格安チューナーの民間メーカーに要請し、2011年7月のアナログ放送打ち切り後もアナログテレビを使えるようにする総合対策をまとめた」との趣旨の記事が掲載された。
 チューナーのメーカーにとっては、今後の仕事量が増える期待が生じる。チューナーのメーカーには、マスプロ電工 <6749> 、アイオーデータ機器 <6916> 、ユニデン <6815> 、クラリオン <6796> 、ピクセラ <6731> などがある。

(ヤフーニュースより引用)

地上デジタル放送切り替え後のアナログ放送対応は、必要じゃないかと思ってました。だって、チューナーやテレビを買えない人が困ります。今の時代、テレビは国にとっても大切な媒体です。
 
posted by 地上デジタル放送とマンション at 11:06| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。