地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年08月13日

愛用テレビは壊れた15型テレビデオ


(IT Media Newsより引用)

 先週のアクセスランキング2位は地上デジタルチューナーについての記事だった。情報通信審議会は2年以内に5000円以下の地デジチューナーの発売をメーカーに求めているが、実現は難しいようだ。

 記者の自宅にあるテレビも、地上デジタル放送には対応しておらず、2011年までには地デジチューナーを取り付けなければならない。消費者としては、手頃な価格で地デジチューナを購入できればと思う。

 ちなみに記者のテレビは、2002年製で15型。ビデオ内蔵型のいわゆるテレビデオ。4年半ほど前に購入したが、既にビデオ機能が壊れている。

 地上デジタルチューナーをつけるよりも、まずテレビを買い替えるべき──なのだが、高価な薄型テレビには手が出ないため、現状は壊れたテレビデオを使っている。

 先日、松下電器産業が発表したVIERAの新機種のうち、42V型プラズマの実売予想価格は43万円。

 同社の西口史郎マーケティング本部長によると、7月時点でのプラズマテレビの販売台数のうち、約6割が42V型以上。「リビングのテレビは42V型以上というのが現実になるかもしれない」と語っていた。

 記者が最近購入したWii用ソフト「Wiiスポーツ」を大画面でやってみたいという思いもある。しかし価格下落が進んでいるとはいえ、新人記者の収入では高嶺の花。しばらくは壊れた15型テレビデオで我慢するしかなさそうだ。それにしても画面が小さいと、Wiiリモコンの操作はとても難しい……

posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。