地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年08月17日

日本方式を南米に売り込み/総務相、地デジ普及狙い

(四国新聞社より引用)

菅義偉総務相は16日朝(日本時間同日夕)、中南米4カ国歴訪の最初の訪問国ブラジルに到着した。地上デジタル放送に関する日本の技術普及を図るため、国外で唯一日本方式を採用しているブラジルを足掛かりに、周辺のチリ、アルゼンチンに“トップセールス”をかけるのが狙いだ。

 ブラジルではコスタ通信相と周辺諸国への普及方法について協議する。

 地上デジタル放送の国際標準は日本、米国、欧州の3方式がある。携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」で知られる日本方式は技術面で優れているが開発着手が遅れたこともあり、インド、オーストラリアなど約30カ国で放送されている欧州方式、北米大陸を押さえた米国方式に大きく遅れている。

 このため放送形式が決まっていない南米諸国をターゲットに設定し、チリ、アルゼンチンでは特許料の一部免除を提案する方針。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 19:04| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。