地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年08月19日

日本式地デジの普及で協力 菅氏とブラジル通信相

地上デジタル放送の日本方式がひろがれば、結構な市場になるでしょう。

(東京新聞より引用)

 ブラジル訪問中の菅義偉総務相は16日午後(日本時間17日未明)、ブラジリア市内の通信省でコスタ通信相と会談し、地上デジタル放送の日本方式の南米諸国への拡大で両国がより一層協力していくことを確認した。

 地上デジタル放送をめぐってはブラジルが昨年6月、国外で初めて日本方式を採用。日本はブラジルを足掛かりに南米での拡大を目指している。

 ブラジルはこれまでも周辺諸国に日本方式採用を働き掛けており、通信相が「エクアドル、コロンビアが好意的だ」と紹介。菅氏は協力に謝意を示し「両国にも積極的に対応したい」と述べた。

 その後、菅氏はアレンカル副大統領とも会談。地上デジタル放送以外の産業分野でも日・ブラジル関係を発展させていくことが重要との認識で一致した。
 
posted by 地上デジタル放送とマンション at 23:27| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。