地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年08月22日

マスプロ、手のひらサイズの地デジチューナを8月24日発売

地上デジタル放送用チューナーもだんだん開発が進んできました。

(AVウォッチより引用)

 マスプロ電工株式会社は、小型地上デジタル単体チューナ「DT610」の発売日を8月24日に決定した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後の見込み。

 当初7月中旬発売を予定していたが、ソフトウェアの調整などが原因で8月下旬に延期され、改めて8月24日に発売日が決定した。

 DT610は、地上デジタル放送の受信に限定した据え置き型の単体チューナで、EPGやデータ放送の機能を省略し、同社従来品と比べ約1/7(体積比)と小型化した。

 外形寸法は196×115×38mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約350gで、同社では「業界最小・最軽量の手のひらサイズ」としている。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 00:00| 地上デジタル放送対応製品等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。