地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2007年09月17日

地上デジタル放送最大60万世帯に届かず・総務省試算、中継局整備遅れ

まだ、地上デジタル放送が届かないと見込まれるところが結構あるんですね。なんか、年金問題みたいにズルズルいかなければいいですが。

(NIKKEI NETより引用)

 総務省は12日、2011年7月にアナログ放送を停止し地上デジタル放送に完全移行した場合、地上デジタル放送の電波が届かない世帯が最大60万程度あるとの試算を明らかにした。山間部などの過疎地に電波を送り届ける中継局の整備が今のままだと間に合わない可能性が大きいためだ。

 総務省は今週後半に地上デジタル放送の中継局の整備計画をまとめ、電波が十分に届かない世帯数を市町村別に公表し、放送局や自治体に対応を促す。NHKと民放は地上デジタル放送移行前に中継局を完備したい考えだが、今のペースでは全世帯の約1%で整備が間に合わないという。

 地上デジタル放送の電波が届いても実際に視聴するには受信機が必要になるが、今年3月末の世帯普及率は3割弱にとどまっている。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 12:37| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。