地上デジタル放送、共用資産であるマンションで見る方法

2008年01月03日

米政府、地デジ受信に向け40ドル相当のクーポン配布

地上デジタル放送への移行は、国策として実施するなら、やはりこれくらいしないとだめかもしれませんね。

(CNNより引用)

ワシントン(AP) 米政府は1月1日、地上波デジタルテレビ放送の開始を約1年後に控え、アナログ放送用テレビしかない世帯に対し、変換コンバーター購入用クーポンの配布を開始した。クーポンは40ドル(約4500円)相当で、1世帯につき2枚まで受領できる。


米国では2009年2月18日から、地上波デジタル放送が開始する。これ以降は、通常のアナログテレビのアンテナでは、番組を視聴することはできない。テレビを買い換えない場合は、変換コンバーターの購入が必要で、価格は50─70ドル程度となっている。


クーポンを希望する世帯は、政府が準備したサイト(www.dtv2009.gov)やホットライン(1-888-DTV-2009もしくは1-888-388-2009)を通じて、クーポンを申請する。


すでに、衛星テレビやケーブルテレビなどを利用している視聴者は、変換コンバーター購入の必要はない。


議会では、クーポン3350万枚と諸費用などで、15億ドルの予算を計上している。


米調査会社ニールセンでは、テレビを所有する1億1280万世帯の約13%に相当する1430万世帯が、変換コンバーター購入の必要があると推定している。
posted by 地上デジタル放送とマンション at 08:44| 地上デジタル放送トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。